2016年12月19日月曜日

今年を振り返って?お葬式・葬儀社の仕事。本当に多忙・言い訳パート2?

葬儀社の仕事は本当に多忙です。
日々、目の前の責任を一生懸命果たす、それだけで
普段はあっという間に時間が過ぎています。
これは過去含め変わらずなのですが・・・
このブログがここまで更新できない程か?と言われると
そこまでではないので
やはり時間は作るもの(なので言い訳です笑)


このブログもすっかりご無沙汰してしまいました。
もう少し書こうと思っていたのでしたが・・・
本日、久々にログインした次第。
パスワードも???でしたし笑

気付けば、今年も終わりですね。
昨年もこのブログ読み返していましたら、同じようなことを書いてました。
何も成長しないまま今年も終わりそうな気もし、少し焦りながら・・・反省中です。

2016年、今年の年明け、私の仕事始めは、ご遺族様と安置所~スタートでした。
昨年末に深夜にご逝去の報を受け、お迎えに。
横浜市旭区にある聖マリアンナ病院だったこともあり、
弊社、横浜市民葬祭の事務所~、そして安置所も旭区と
わりと近くではあったので、当日中には帰宅予定と、家のには伝えて出かけたのですが・・・
病院さん都合で、当日ご逝去が重なっていたこともあり
お迎え予定時間~かなりの時間待機となり、安置所にようやくお連れしたのが、
ほぼ日付が変わる頃になってしまいました。

年明けの火葬場の予定~火葬日をご案内
少し説明を差し上げている際に、
ご家族様から、現在、何時ですか?と尋ねられ
ふと、時計をみましたら、日付が回っていました。

安置所でご家族様より「明けましておめでとうございます」と
思わず言われ、こちらも「明けましておめでとうございます」と苦笑。
なので、昨年のことですが、とても記憶に残ってます。

とても素敵なご家族様で、
「大晦日のこんな時期にすみません」等
その際たくさんのお気遣いの言葉を頂戴しました。

本当は、それどころではないはず。
ご家族様の方が、大晦日に大事な方を亡くされ、
またその気持ちの整理もつかないまま、新しい年を迎えなければいけないというのに・・・

本当に有り難いですね。
ただ、ただ頭が下がるばかりでした。

年末大晦日~年明け、そんなことは何一つ
ご家族の有り難い言葉を頂戴できただけで、さあ、今年も頑張らないと
活を頂戴した2016年1月1日でした。











2015年7月4日土曜日

葬儀社の仕事。本当に多忙ですが言い訳です。

横浜市民葬祭の清水です。
気がつけば・・・前回ブログから半年・・・
そして今年ももう残すところ半年と・・・
あっという間に時間だけが過ぎてしまってますね。

えっと、言い訳ではありませんが、
過去、何度かこのブログを書こうとしていたときもあったんです。
ただ、そんな時に限ってご逝去の報が入ったりしたもので・・・

葬儀社の仕事というのは、どうしても予定が未定になります。
24時間365日、葬儀の方は比較的予定が組めているのですが
人が亡くなるご逝去だけは、その時などは誰も分からず
なので突然仕事となり、予定も当然すべて変更になる
そんなことが日常茶飯事でして。

月日によって当然前後しますが、
1日約1件、様々なご家族様のご葬儀をお手伝いしている現状もあり
日々、時間との戦いの中、ようやく本日、ブログを久々更新となりました。

以上、言い訳です。


2015年2月1日日曜日

葬儀業界の繁忙期?

年末、一年が早いと書いたのもつかの間
気付けば今年も1ヶ月があっという間に終わってしまってますね。
本当に時が過ぎるのが早いです。

葬儀社業界では、特に寒くなるこの冬のこの時期
ピーク、繁忙期と例年言われるのですが・・・

昨今では、一昔前と違い、ご自宅とかでご逝去ならともなく
暖かい施設や病院でお過ごしになっていて
寒いから?という理由で人がお亡くなりになるというのは
私個人的には、イマイチ納得いかないのですが・・・
皆様は、どうでしょうか?

ただ、弊社は、繁忙期だから?というよりは、
いつも通りと申しましょうが、
1月も相変わらずバタバタ・・・していた毎日でして
気付けば、ほぼ毎日ご葬儀を執り行っていた先月でした。
やはり繁忙期なのでしょうか?

人の生命は誰もが分からぬ未知の領域
良く分からない理由はさておき、
目の前のことを、出来ることをと
葬儀社としては、一生懸命ただ頑張るだけです。

2015年1月5日月曜日

葬儀社の宿命?年の瀬~新年あけましておめでとうございます。

葬儀社で働いてますと、年の瀬とか、新しい年を迎えるという意識が
年々、一般の方より薄れていく、そんな気がするこの頃。

年末と言えば、火葬場が休となる日くらいしか意識しないですし、
火葬場が休みでも、ご逝去の報は、365日24時間待ったなしであるわけで
昨年も年末は31日まで、仕事をしていましたし、
1月も1日だけは、何事も弊社にはありませんでしたが、
2日~はご逝去も重なり、いつも通りバタバタ。
横浜では3日からご葬儀と、例年通りの様子でした。

それゆえでしょうか、特に、葬儀社でなければ、当たり前に使っていた
『新年あけましておめでとうございます』という挨拶が
時折、ご葬家(昨年お世話したご家族様の顔を思い出すと)
素直に出てこない自分がいます。

もちろん葬儀社でも使うんです。
取引先に初めて挨拶する時、
ご近所様にお会いする際
社内の挨拶でも。

ただ、心は複雑でして。
それが葬儀社の宿命?なのかもしれないですね。




2014年12月30日火曜日

直葬~ご葬儀の流れについて

直葬について、誤解が生じることがあります。


ご家族様『火葬場へ』と直接と思われている方がいるのですが、

病院or施設等~直接火葬場へ行く=直葬というご葬儀形式ではなく、

病院or施設等~直接火葬場へはお連れはできないのです。



それは何故か?

①病院or施設等~直接火葬場へは先ずお棺にお入れしてからではないとお連れが出来ません。

②横浜市のケースでは、4つある市営斎場(火葬場)すべてに霊安室という設備がありません。

③法律上、ご逝去されてから24時間経過してからでないと最短でも火葬が出来ません。


その為、横浜市民葬祭では、病院or施設等でご逝去の報をいただいた際には

直葬等葬儀形式に限らず、先ずはどちらへ故人様をお連れになりたいのか?より

お尋ね致します。


一般的な直葬の流れは下記の通りです。

①病院or施設等でご逝去→故人様を安置先(ご自宅or安置所)へお連れします。

②ご家族様のご都合~火葬場の空きによって、火葬場の日時を予約。

③火葬日予約の日時当日、故人様をお連れして火葬。


上記工程の間に、式場を借りたりして執り行う通夜式・告別式等、

式典(セレモニー)のない形のご葬儀=直葬という形のご葬儀です。


2014年12月28日日曜日

横浜市営斎場(火葬場)2014年今年最後の予約

ここ数日、年末と言う事もあってでしょうか
ご逝去も重なり、すっかりブログを書く間も失っておりました。

この時期になりますと、火葬場の予約枠を押さえるのも
いつも以上に早いもの勝ちの構図となり、
ご家族様のご希望をかなえるためと、
弊社スタッフもいつも以上に必死になってます。

平成26年12月27日(土)時点、
昨日、ご逝去の報を頂いた際に、横浜市市営斎場予約システムにて
空き情報を手に寄せるべくアクセスしましたところ
横浜市営斎場(火葬場)予約枠は、ゼロ。
今年の火葬(横浜市営火葬場)では出来ない=ご葬儀が執り行えない状況です。
何らかの事情でキャンセルが万が一発生すれば
可能性はわずかにですがないこともないのですが・・・

昨年度も同じくらいの時期頃から、このような状況化でしたが
年末ご逝去~葬儀できず新年を迎える
ご家族様のお気持ちを考えると、致し方ないことなのですが
いつも以上に胸が痛む、昨日(年度末)でした。

2014年12月16日火曜日

生花祭壇の費用は0円!?

横浜市民葬祭のご葬儀では、生花祭壇がとても人気です。
しかも費用は無料なんです!?
(正確にはご葬家のご負担無(0円))

こちらの生花祭壇もご葬家のご負担無く、頂戴した供花だけでおつくりしました。

ご葬儀では、お勤め先やお仕事関連・またご友人やご親族様から、
供花というものを頂戴する機会がことがございます。
そちらをありがたく頂戴させていただき、一つのお花祭壇として形とさせていただくだけで、
上記のような素敵なお花祭壇も費用をかけずにおつくりすることが可能です。

皆様の気持ちがたくさん集まれば集まるほど、素敵になるお花祭壇♪
生花祭壇のお花はその後、形を変え、お別れ花となり、
最後まで気持ちは鎖さず、お届けします。

葬儀は形でなく心です。
費用をかけず、心のままを表すお花祭壇でのご葬儀
横浜市民葬祭からのご提案でした。